返回 / 天声人語2017年08月12日(土) 登山节日 寄情于此

英语 |  日语 |  法语 |  韩语 |  部落 |  小D |  网店 |  网校 |  公益 |  更多
当前为树形 返回平板式 195 浏览 2017/8/13 3:10:45 来自 zgx195



天声人語2017年08月12日(土) 


   高い山に登り、まちのことを「下界」と呼ぶとき、不思議な感覚にとらわれることがある。抜け出して来たばかりの普段の生活が、はるか彼方(かなた)にある。まったく違う世界に入り込んで、なんだか自由になった気持ちになる

   当你攀登上高山,将远眺的城镇景色称之为“下界”的时候,往往会涌现出一种不可思议的感觉。好像刚刚摆脱的日常生活就在遥远的对岸,又仿佛进入了一个完全迥异的世界,有一种获得了自由的心境。




▼山に魅せられた随筆家の故・串田孫一さんは「山の中で人は蟻(あり)のようになる」と書いた。蟻が登っても大木が動じないように、人が登っても山が表情を変えることはない。まるで太古から変わらぬかのような山肌がある。「人は山で小さなものになり始める。儚(はかな)いものになり始める」

▼深深迷恋上山峦的已故随笔作家串田孙一先生曾经撰文道,“处于大山之中的人好像是一只只蚂蚁”。正如蚂蚁即便爬上了大树,大树也纹丝不动那样,纵然有人攀登上了大山,它的表情也决不会有丝毫改变。它拥有着宛若亘古不变的山体,“人在大山里开始变得渺小起来,开始变得不太自信起来”




▼大きな自然に包まれ、解放され、興奮する。そんな気持ちを味わうために山へ向かうのだと、著書『若き日の山』にある。濃霧に遮られたかと思うと突然美しい光景が現れる。思うにまかせぬところも魅力であろう

▼在大自然的怀抱里,获得了解放,兴奋不已。就是为了品味这种感受而奔赴大山的。在著作《青春时代的大山》中如实地记录着先生的体会。浓雾茫茫之中突然显露出一片美丽的景色。难以预料正是它的魅力所在。




▼つらさも楽しさも分かち合うからか。一緒に山を歩くと、その人との距離が近くなるのを感じる。きのうの山の日からの3連休。仲間と山に入った方も多いだろう

▼或许还有艰辛与乐趣并存在原因吧。即便是一同跋涉在大山之中陌路人也会感到相互间拉近了距离。利用从昨天登山节开始的3连休小长假,与同事们一起登山者恐怕不在少数。



▼事故や遭難が心配な季節でもある。山が高くても低くても人間の小ささを心にとめたい。スマホやGPS機器などの最新の道具で、安全が保証されるわけではない

▼当然,这同时也是个事故及险情频发的季节。无论是高耸的大山还是低矮的小山,希望要时刻牢记人的渺小,智能手机以及GPS定位器等最新型工具并不能保证你的绝对安全。



▼詩人でもある串田さんは、山の包容力をこうつづっている。〈こんな山肌の色を見たことや/寂しい谷を霧に濡(ぬ)れて歩いたことが/あなたをやわらかく救う時があるでしょう/取りつきようのない寂しさの中を/蟻になった気持で歩いたことが/あなたを元気づけることがあるでしょう〉

▼同时又是诗人的串田先生在谈到大山的包容时归纳道,<观赏山体的颜色/孤独地跋涉在迷雾漫漫峡谷/有时正是这些经历悄无声息地拯救了你/在毫无依靠的孤独之中/以蚂蚁的心气跋涉/往往能够使你精神振作>













举报 楼主
1周 来自 lyra1030
高い山に登り、まちのことを「下界」と呼ぶとき、不思議な感覚にとらわれることがある。抜け出して来たばかりの普段の生活が、はるか彼方(かなた)にある。まったく違う世界に入り込んで、なんだか自由になった気持ちになる。

当你登上高山,视城镇为“下界”时,你就会被一种不可思议的感觉笼罩。刚刚摆脱的日常生活,也如同遥远的彼方一般。进入迥异的世界,心情也变得自由自在起来。

山に魅せられた随筆家の故・串田孫一さんは「山の中で人は蟻(あり)のようになる」と書いた。蟻が登っても大木が動じないように、人が登っても山が表情を変えることはない。まるで太古から変わらぬかのような山肌がある。「人は山で小さなものになり始める。儚(はかな)いものになり始める」。

被山的魅力深深吸引的已故随笔家串田孙一先生曾这样写道:“在山中,人变得如同蚂蚁一般。”正如蚂蚁爬上大树,对大树没有丝毫影响一般,人登上高山,高山也不会有丝毫变色。自太古时代至今,山体仿若没有任何变化。“人在山中开始变得渺小,开始变得虚幻。”

大きな自然に包まれ、解放され、興奮する。そんな気持ちを味わうために山へ向かうのだと、著書『若き日の山』にある。濃霧に遮られたかと思うと突然美しい光景が現れる。思うにまかせぬところも魅力であろう。

被无垠的自然所包围,然后获得解放,开始变得兴奋。为品味这样的心情,人们才会走向大山,他在著作《年轻时候的大山》这样写道。刚为视野被浓雾遮蔽而感到遗憾,下一秒美丽的景色就突然出现在了眼前。这就是大山的魅力所在,令人无法捉摸。

つらさも楽しさも分かち合うからか。一緒に山を歩くと、その人との距離が近くなるのを感じる。きのうの山の日からの3連休。仲間と山に入った方も多いだろう。

痛苦和欢乐豆能相互分享吗?一起漫步于山间,你会感觉与那人的距离在拉近。从昨天——山之节日的三连休开始了,相比一定有很多人和伙伴一起登山吧。

事故や遭難が心配な季節でもある。山が高くても低くても人間の小ささを心にとめたい。スマホやGPS機器などの最新の道具で、安全が保証されるわけではない。

但现在也是忧心事故和灾难的季节。无论是雄伟的高山还是低矮的小丘,希望我们都能牢记自己的渺小。虽然有智能手机和GPS定位仪等最新的工具,但也不能保证万无一失。

詩人でもある串田さんは、山の包容力をこうつづっている。〈こんな山肌の色を見たことや/寂しい谷を霧に濡(ぬ)れて歩いたことが/あなたをやわらかく救う時があるでしょう/取りつきようのない寂しさの中を/蟻になった気持で歩いたことが/あなたを元気づけることがあるでしょう〉

也是诗人的串田先生,对山的包容性有过这样一段描述,“看到这样的山体之色了吧,漫步于寂静的山谷,浓雾浸湿全身。终有一刻你会被温柔包围获得拯救。在无人依靠的寂寞中,以蚂蚁心态漫步。你会因此重新振作。”
回复 举报 沙发 回到顶楼

登录 | 注册 可以查看更多内容,还可以进行评论。