elinor_wang 的部落主页 沪江官方认证 ( 有 2771 人来看过 | 粉丝 0 个 )

沪江官方认证
王凌,华浦教育英语专职讲师
  • 性别: 
  • 昵称:  公务用户
  • 沪龄:  8年
  • 打卡天数:274天
  • 最后登录:2周前

日志分类:

全部日志  (26)
默认分类  (1)
ENGLISH GRAMMAR  (2)
diary  (20)
征文  (1)
课程介绍  (1)
朗读大赛  (1)
  • 部落主页
  • 社团
  • 碎碎
  • 日志
  • 留言板
  • 印象
  • 勋章
  • 礼物
  • 更多

日志 (共26篇)

人生は旅です 人生は生まれてきた家庭や環境によってみんな不平等である。それは自分で選択することはできません。しかし、一つだけ私たちにはみんな平等なものがある。それは時間です。一年間365日、一日24時間はどの方にも平等に与えられています。 人は
理想が変わっていたのはその時期だった。哲学に興味を持ち始めた私たちが大学で働きたかった。大学の教壇をたちいれば、自分の考えを世界に伝わる可能性が多いでしょう?英語先生ではなくでもいい。例えば自分の専門で研究所したり、生徒を教えたりするのでもいいと考え
大学で公共英語版と専門英語の違っている点が試験でした。公共英語の生徒達は多分CET4とCET6に参加する規定とありましたが、専門は専門レベル 4とレベル8でした。二つの道が分けていた。その原因は英語専門の就職率を保証するためでした。実、非専門の生徒
2000年の夏、上海のテスト制度の恵みをいただいて、私は師範大学に入学してしまいました。しかし専門は英語ではなかった。英語という専門はあの時期とても人気がありましたので、競争は厳しかった。どうせ一度教育分野に関わる専門に入れたら、チャンスがあります
高校2年の後半期から、上海の戸籍制度が少しつづ変わり始めました。これから私のような人は上海入籍することに無理ではなかった。それで上海で大学入試の資格を取る条件一つとして私にとって大切なものではないでしょう?それで、数学がよければ、進学可能性が高くに
悩み中で英語小説を書き始めた。あの小説の主人公は寂しい姫様でした。毎日毎日細かいことに悩まれた、机で眠った時ある夢ができていた。夢で素晴らしい先生に出会った、悩みから救われた。自分の本音を表した小説でした。もちろん、あの時出版機会が全然いなかった。潜
戸籍にかかわる問題に悩まれていた私はその時進学意識は全然いなかった。大学に入試したくなかった。でも、将来大学レベルの学歴がいなければ、就職ということは難しくなるでしょう?と先生達に言われてくれた。しかし、愛の海に込んでいる私はそのようなアドバイスに
高校時代こそ、英語新聞に出会った。自分の学校で英語教育が足りないと感じていた私は学校以外の世界で勉強素材を探していた。毎週郵便局で学生英語新聞を待っていました。そのような新聞があの時上海で珍しかった。出版量が少なくて、郵便局に連絡しないと、手に入れな
理科の成績が悪いのせいで、最悪の高校に入れた私が後、最も厳しい環境に出会いました。うちの高校は国立学校ではない、実は職業に目指している学校です。大学入試に参加する資格がありますけど、入学率が実ゼロのようなです。そのような環境で外国語教育質にも最低でし
この世の中すべでの罪は愛から始まったことだ。英語に愛していたのは私後の罪の元だ。英語のためほかの科目を捨てしまった。数学成績が赤になり始め、この年から始めた物理や化学など全部私の敵のような扱われた。英語を除いたほかの科目に関わる宿題がほとんどクラスメ
成功は興味から始めということに信じているのはこの世の中で皆です。しかし興味はどうせどのようなものですか?精神的な状態として興味は抽象すぎるので、掴みにくいでしょう?私は生まれ興味に信じていません。特に学習に興味の発生するのは時点が必要です。私の時点
言語を学ぶことはただ単語をたくさん覚えることだ。私たちは今そう思い続けていた。もちろん、それは正論ではない、しかし、頭でしっかり覚えている単語がなければ、言語の分野で突発することはできません。それは中学校でこの鬼のような先生から教えたことでした。彼女
中学校に入ったら、英語は本格的に必修になっていた。国語と数学と一緒に並べ三つの主要科目です。しかし、中学校一年生の時、(実はもともと小学生6年生です。私の時代から、6年生を取り出した、中学校に移した方針がありました。)若い英語先生のリードしたクラスに
そのテーマを始まる機会は生徒さん達がずっと悩んでいることです。どうして長い間に言語学を勉強会して、収穫がなかなか、どうして自分の会話力がアップしていない?ということだ。それで、今日から、一つ言語教師として、自分の言語学び道を話させていただきます。
最近、朝で授業はない、毎日図書館で自分勉強している。図書館という名前はいつでも静か純粋な感じを与えられ、しかし、中国である都市中心の図書館で、万引きされた経験が出ていました。なくなったのは自分の財布です。中で45元の現金と割引カードがいます。このよう